陰陽五行説

東洋医学的な事、陰陽五行説的なことを

 

難しく考えると、実際には使えなくなるので

 

 

ごくシンプルにお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

五臓六腑って、よく言いますね。

 

「く〜っ、五臓六腑に染み渡る〜〜!」って言う、あれです。

 

 

 

五臓は、西洋医学でもよく出てきます。

 

体の臓器の中で、最も重要だとされる所です。

 

 

 

肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓

この5つです。

 

 

 

脾臓は、あまり馴染みはないですね。

 

胃の方が良く聞きますが、胃は、六腑の方に入ります。

 

 

 

 

では、腑の方ですが、

 

胆嚢・小腸・胃・大腸・膀胱の五腑と、

 

 

もうひとつは、「三焦」 と言うのがあります。

 

 

 

三焦と言うのは、西洋医学には出てきません。

 

三焦は、その働きから

 

「リンパ管系」 と考えると一番近いと思います。

 

 

 

 

 

東洋医学では、

 

腑は、それぞれの五臓に対応していて

 

(裏表の関係) 繋がりがあります。

 

 

肝臓ー胆嚢、心臓ー小腸、脾臓ー胃

 

肺臓ー大腸、腎臓ー膀胱

 

につながっています。

 

 

 

これに対し、三焦は、「心包系」とつながっています。

 

 

 

三焦自体、どこにあるのか定かではないので、

 

「名ありて形なし」 などと言われ、曖昧にされています。

 

 

 

 

西洋医学と東洋医学では

 

少し認識が違ってくると思いますが、

 

 

 

東洋医学では、

 

はっきりと場所が確定されていないものも

 

重要な臓器、と見なされるわけです。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

三焦は、特定の器官を指すのではなく、

 

飲食を消化吸収し、これから得られた

 

気血津液を全身に配布し、

 

水分代謝を円滑に行わせる一連の機能を指す。

 

上焦、中焦、下焦に分けられる。

 

 

(医道の日本社「東洋医学概論」より)

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

 

三焦は、腎、肺、脾臓によって作られた

 

「元気の通り道」でもあり、

 

また、焦 という字から

 

人体の熱源(エネルギー)であるという説もあります。

 

 

 

 

上、中、下、のリンパ管系の滞りなき循環が

 

全体の器官の調節に、

 

重要な役割を担っているのです。

 

 

 

 

 

…という事で、

 

リンパマッサージは、私たちの身体に非常に重要である、

 

 

というわけです。

 

 

 

そして、東洋医学には

 

この世の万物を 「陰」と 「陽」の二つに分け、

 

 

そして、その全てをまた、五行に振り分ける

 

「陰陽五行」の思想があります。

 

 

 

木、火、土、金、水

 

の五つに全て振り分ける事が出来るのです。

 

 

 

 

人間の臓器も腑も、身体の器官も、味や方角も、

 

感情でさえも、この五つに振り分けられています。

 

 

 

 

そして、相生(ソウショウ)  生かし合う関係性

 

相剋(ソウコク)  殺し合う関係性 というのもあるのです。

 

 

 

人間も自然の一部です。

 

 

森羅万象の法則があり、

 

それを活用できるのならば

 

活用させて頂いたら良いのでは…と思います。

 

 

 

昔から伝えられている、人間の叡智です。

 

 

 

陰陽五行・相生と相剋の関係

 

 

 

 

 

 

陰陽五行のつながり

トップへ戻る