アーユルヴェーダとは

 

アーユルヴェーダとは、
サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)と
ヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた 「生命科学」 という意味で、

 

五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。

 

 

 

「生きるための法則」、「長生きする方法」

 

5000年の歴史を持つ「よりよく生きるための教え」がアーユルヴェーダなのです。

 

 

 

 

アーユルヴェーダの治療法は、
西洋医学のように病気の症状を取り除くのではなく、

 

より健康に、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です

 

 

 

ハーブを用いた食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)・オイルマッサージ・呼吸法
といった日常生活に活用されているものから

 

生命そのものまでを科学する医学でもあるのです。

 

 

 

 

インド大陸の伝統的医学であるユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)、
中国医学と共に世界三大伝統医学の一つであり、
相互に影響し合って発展してきました。

 

 

 

トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)の
バランスが崩れると病気になると考えられており、
これがアーユルヴェーダの根本理論です。。

 

 

 

 

五大元素

 

空・・・ 空間、物が存在する場所・空間
風・・・ 風元素はガス状で風の性質をもっている
火・・・ 太陽のエネルギー。変化と変形の力をもっている
水・・・ 水は液体で冷たく下に向かうエネルギー。結合のエネルギー
地・・・ 実体のあるもの

 

 

トップへ戻る